中古車を高く売る方法

中古車を少しでも高く売るための交渉方法

中古車を売る方法をお探しの方に、当サイトでは出来るだけ中古車を高く売る方法を解説しています。
中古車を売る方法は、ディーラーへの下取りをはじめ、買取業者への売却、知人等への売却など、いくつか方法があると思いますが、知人同士の売買については、その相手との親密度合いなども関係してくると思いますので、ここでは知人への売却を除き、最も高く売れる可能性のある、買取業者への売却方法について説明しています。

 

買取業者は、買取した中古車を、買取価格+αで販売することで利益を得ているわけですから、出来るだけ安く買い取りたいのに、本当に高く売れるのか疑問を持つ方も多いと思います。

 

でも、そのように利幅で商売をしている以上、利益を上げる、商売を成り立たせるためには、その商品である中古車が店頭にたくさん並んでいないと始まりません。
要は、商品である中古車を切らさずに在庫を十分確保しなくてはなりません。

 

大前提として、車を売りたいと考えている人たちから、車を買取りできなければ、その時点で商売がアウトになってしまいます。

 

実際、世の中には車を買いたい人と同じくらい車を売りたい人も居るので、そうした人たちから出来るだけ安く買取して、利益分を+αして販売することで、成り立っています。

 

とここまで書くと分かると思いますが、買取業者は出来るだけ安く買いたいのが本音ではあるけれども、他の買取業者に買われてしまったら在庫がなくなってしまうので、出来るだけ安く買いたいと同時に、他の買取業者よりも、¥1,000でも¥2,000でも高く査定をして、自社で買取したいわけです。

 

ということは、こうした買取業者が2社居たらどうなるでしょうか。
当然、買取業者間で買取価格の競争が始まり、査定額を引き上げることが可能になります。

こうした買取業者が2社だけでなく、3社、4社と居たらどうなるでしょう

さらに、買取業者間の価格競争が行われ、査定額は当初提示金額よりもどんどん上がっていきます。

 

このように、中古車を最も高く売る方法は、とくに大手買取業者を中心に、複数見積もり査定を依頼することから始まります。

 

次に、A社30万、B社35万、C社40万だった場合に、C社の査定額を、A社、B社に打診します。

 

「C社は40万で査定頂いていますが、それ以上は難しいですか?」と交渉してみることで、
B社は「うちは38万が限界です」という回答だったとしても、
場合によっては、
A社は「では42万でどうでしょう?」

 

と、C社を超える査定額を提示してくれる可能性があります。

 

この時点で、A社に売ることを決めても良いですし、実際に、はじめに最も高く査定してくれたC社に交渉を一度もしていない状況なので、A社が42万の査定額を提示してくれましたが、それ以上は難しいですか?
と打診してみて、もしここで、C社が「では45万でどうでしょう」と、さらに上回る査定額を提示してくれる可能性もありますので、ここではじめてC社に売却を決めても良いでしょう。

 

いずれ、このように実際に他社の査定額を持って、比較検討し、打診・交渉していくことで、中古車を仕入れたい買取業者は高値を更新してくれる場合がありますので、中古車をいちばん高く売る方法は、こうした比較と交渉で、業者間の競争を促すことです。

 

はじめに提示される金額は、価格交渉されることを前提で低めに言ってくる

余談ですが、買取業者がはじめに提示する金額は、売り手の交渉ありきで提示しているので、例えば、買取価格30万でどうでしょうか、と言われた場合、その上限買取価格がいくらかは定かでないにしろ、例えば本当は限界値で言うと40万で買取しても十分利益が出ると見込んでいても、はじめから40万で買取しますとは言ってきません。
売り手から「もっと高くなりませんか?」「○○社はいくらで査定もらってますが、それ以上は無理ですか?」と交渉されることを見越して、予め上限額から多少低めのアローアンスを持った金額を提示してきます。

 

ということは、交渉をしないで即決してしまうのはいくらかの損に直結してしまうということです。

 

ですので、必ずはじめに提示しれくれた査定額に対して交渉するようにしてみてください。
その際に、ただ「もう少し高くなりませんか?」ではあまり効果がありません。
なぜなら買取業者が興味を持っているのは、他の買取業者にも見積もりを依頼しているのだろうか、依頼しているなら、他はいくらの査定額を提示しているのだろうか、だけが気になっているので、ストレートに「○○社はいくらで提示してもらいましたが、それ以上は難しいですか?」と交渉することで、限界値を引き出すことが可能になります。

 

でも、複数の買取業者へ見積もりを依頼すること自体が、手間であり時間が掛かるとお考えの方もいると思います。
ただ、その点は問題がなく、今現在は大手買取業者複数へ、一度の登録で一括査定依頼できる、車一括査定サービスがいくつもありますので、そちらを利用することで、極端な話、査定依頼だけであれば1分程度で行うことが出来て便利です。

 

相場を調べるために利用したいという方がいるかも知れませんが、それはあまりオススメしません。

 

一括査定サービスは、基本的には登録すると、その車を買取りしたい業者から実車査定といって、実際に車を見ての正式査定をさせてくださいと、その日程調整に関する電話連絡があります。
登録された車に興味のある事業所から、2社、3社、場合によっては5社、6社から電話がかかってきますので、相場を調べる目的なら、本屋さんへ行ってGOOなどの中古車販売雑誌で、自分の車と同じ車種、同じような程度の車がいくらで売られているかを確認してみてください。

 

買取金額は、その販売金額のだいたい7掛け、8掛け程度ですので、仮に50万で売られているようであれば、だいたい、買取金額は35万〜50万くらいということが分かります。
これはあくまでざっくりなので、実際の査定額がこの間に収まるという確証はありませんが、愛車の相場を調べたいだけであれば、一括査定サービスよりも雑誌の方が良いかも知れません。

更新履歴